A girl has red lips

サービス

a woman wear black bra

新宿でガールズバーを利用するならこのお店がオススメです!魅力的な女の子と楽しむことができますよ!

キャバクラとは、女性が男性に接待をする飲食店です。
接待とはおもてなしを意味する言葉ですが、ガールズバーで行われている接客は接待にはあたりません。
接待というのは、例えば女性が男性の口元までグラスや食べ物を運んであげたり、体を密着させて男性客に接触するような行為です。
ガールズバーでもカウンター越しに握手したり、手が触れたりすることはありますが、これは接待にはあたらないことになっています。よって、キャバクラは風俗営業となっていますが、ガールズバーは普通の飲食店に分類されています。

キャバクラでは、女性が隣に座って接待をしてくれます。キャバクラでは、女性が男性のためにお酒を作り、女性によっては体を密着させてくる人もいます。
ただ、風俗のような性的サービスは店内で行われていません。そのため、風俗営業ではありますが、性風俗店とは意味合いが違います。
そして、ガールズバーでは女性バーテンダーが、カウンターから接客をしてくれます。女性は、バーテンダーなので注文を受けたお酒を作ったり、時には軽く歓談を交えたりしてお客を盛り上げます。

ガールズバーは普通の飲食店という扱いなので、女性がバーテンダーを務めているだけのお店となっています。しかし、お酒を提供する時に軽い会話を楽しめるので、お酒を飲みながら女性バーテンダーと雑談することができます。つまり、あくまでも飲食店というスタンスなのがガールズバーで、お酒も飲めて女性から接待を受けられるというスタンスなのがキャバクラというお店なのです。

可愛い女の子があなたの来店を心待ちにしている新宿エリアのセクキャバはこちらからチェックしてみましょう。

お酒

a girl with naked body

ガールズバーとキャバの違いは、女性が積極的に接待をしようとしているかどうかという部分です。

バーのようにお酒を提供する飲食店に勤めていれば、お客から握手を求められることもありますし、酔ったお客を抱きかかえて介抱することもあります。
従業員がお客に積極的に触れたり、ゲームの相手をしたりする行為は接待にあたるので接客の域をこえています。
しかし、便宜上しかたなく・・・ということであれば、普通の飲食店でもお客の体に触れたり、介抱したりすることはあります。
そのため、ガールズバーとキャバの違いは、女性が積極的に接待をしようとしているかどうかというのがキーポイントだと言えるのです。

キャバ嬢は、お客に対して積極的に接待をします。自分から腕を組んだり、体を密着させたり、お酌をしたりして相手を楽しませます。
そして、ガールズバーでは気に入った女性を独占することはできません。そもそもガールズバーはトークがおまけのような扱いなので、積極的に指名を取るための接客をすることができないのです。
つまり、女性から積極的に接待を受けたい人はキャバが向いており、お酒を飲むついでにバーテンダーとの会話を楽しみたい人はバーの方が向いていると言えます。

バーテンダー

a woman has sexy body

ガールズバーは、会話をしようと思って会話をしているわけではありません。
居酒屋でもそうですが、お酒をテーブルに運んだり、注文を受けたりしていると、便宜上どうしてもお客との会話が必要になってきます。
そして、ガールズバーは居酒屋というよりもバーに近い飲食店です。女性がバーテンダーを務めているのが特徴のお店で、注文したお酒は女性が作ってくれますし、お酒を飲む時に簡単な雑談をすることもできます。

バーに行くと、原則としてバーテンダーはカウンターの中から出てきません。そもそもカウンターからフロア内に出にくいような作りになっているお店もありますし、フロア内に出やすい作りのお店であっても、接客のためにカウンターから出てくることはほとんどありません。カウンターから出てくるとしたら、お見送りをする時や、テーブル席の片付けをする時だけです。

そのため、ガールズバーで働く女性に、キャバ嬢のような接近接客を期待するのは不可能です。
ダーツやビリヤードなどの設備があるお店では、女性に相手役をしてもらうことができます。しかし、原則としてカウンターからの接客となっているので、接待というよりは女性バーテンダーとの雑談を楽しみに行くためのバーなのです。

片付け

a girl has sexy face

キャバに行くと、飲み物はボーイが運んでくれるか、もしくはキャバ嬢が作ってくれます。
例えば、ビールやカクテルを頼んだ時は、女性は席を抜けられないので男性スタッフがドリンクを作り、席まで運んで来てくれます。
また、水割りを飲む時は、ボーイがお酒のボトルと氷などを運んで来てくれます。水はテーブルに置かれていることが多いので、女性はボーイが持って来た氷とボトルと卓上の水を使い、お客のために水割りを作ります。ちなみに、ロック、濃い目、薄めなどの好みにも対応できるので、女性はボーイから呼ばれるまで、席を離れずにいてくれます。

キャバにはボーイがいますが、ガールズバーにはボーイがいません。まれに男性スタッフが働いているお店もありますが、バーテンダーは女性なので、お酒を作ったり運んだりするのは女性の役目となっています。
そのため、女性はお酒の注文が入ればその場を離れなければいけません。女性にお酒を飲ませることもできますが、女性は自分が飲むお酒も自分で作らなければいけません。
よって、キャバ嬢のように、常に横に座っていてくれるわけではありません。お酒を作って提供するのがバーテンダーの仕事なので、注文や片付けなどをするためにその場を離れることがあります。
つまり、ガールズバーでは特定の女性を独占するのが困難です。ただし、キャバ嬢は指名を入れれば席に座っていてくれるので、指名がかぶらなければ独占状態となります。