至近距離

二人の女性

キャバクラでは、女性が隣に座って接待をしてくれます。
接客と接待の違いは、一歩踏み込んだおもてなしを受けられるという点です。
接客というのは、必要があってお客と関わるという印象です。そして、接待というのは、従業員がお客のためにあれこれと世話を焼くという印象です。
例えば、居酒屋の従業員がお酌をしてくれることはまずありません。しかし、キャバクラでは男性が飲むお酒を女性が作ってくれます。
また、定食屋では料理がテーブルに運ばれてきますが、運んで来た料理を口に運んでくれることはありません。しかし、キャバクラでは希望があればグラスや食べ物を口に運んでもらうこともできます。

その他に、携帯ショップの店員が、接客をするために隣に座って体を密着させてくることはありません。しかし、キャバ嬢の中には積極的に体を密着させたり、手をつないだりして至近距離で接客をする人もいます。
このように、接客と接待には大きなへだたりがあり、普通の飲食店と比べると一歩踏み込んだサービスを受けることができるのがキャバクラというお店なのです。
ちなみに、仲良くなりたい女性がいれば指名をすることもできるので、お気に入りのキャバ嬢を独占することができるのも特徴です。

キャバクラにしても、ニュークラブにしてもその質は女のコの質によると解説しました。
サービスの肝が、どうしても女のコの接客ということになるので、仕方がありません。

勿論、男性店員のサービスも良いにこしたことはありませんが、女のコの接客が良いことにこしたことはありません。
女のコの接客の質が良いというのは、何も当たり障りのない接客ができるというものでもありません。
ちゃんと男のツボをついた会話ができるかどうかという点が質となります。
勿論、外見も重要なので、外見が可愛ければ質が良いというのも言えるかもしれません。

しかし、それ以上に重要なのは、男心がわかっているという点です。
男性としては、お気に入りの女のコがいつまでも他の男性客と接客をしているのはいい気分で見られるものではありません。
そのようなよくある一面で、どんな第一声を放つかがポイントとなります。
「早く会いたかった」とか、「遅くなってゴメン」というのも悪くないのですが、「向こうのお客さんの会話面白くなかった」というセリフがでてきたらどうでしょうか。
ちょっと、気分が良くなるのではないでしょうか。

細かいところですが、このような一見いやらしいとも思えるような会話センスがキャバクラの接客には求められます。

最近のキャバクラでは、昼キャバや朝キャバのような業態のお店が登場しています。
どちらのお店も、その業態からして開店時間が察することができますが、どちらもキャバクラが稼働していない時間帯に稼げるようにした結果生まれたお店です。
お店としても、開店していない時間帯というのは、稼ぎにならないので昼や朝にも開けようということになったのです。

また、朝キャバや昼キャバしかないような専門店もできつつあります。
こちらのお店の特徴としては、店内の価格が通常のキャバクラとは比較にならないくらい安いということです。
安いということは、それだけ店内の内装も、お店の女のコのレベルもその程度ということになります。

オールした後や、あるいは休日の昼間に飲みたくなった時はいいかもしれません。
しかしながら、お固い目的に使うのはやめておいたほうが良いでしょう。お固い目的に使うお店なら、ニュークラブの方が良いはずです。
キャバクラも景気が悪いことの影響からなのか、お店の業態がどんどん変化していっています。

業態が変化しているということは、消費者にとっては良いことです。
しかしながら、それによってサービスが低下していては困りモノです。